読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若者よ、もっと稼げ

ちわーっす、平山でぃーっす。奥さん今ひとりですか?

 

 

ってことでね、今回は8/10に行われた

 

・社員を超えた派遣社員 F氏

・家族でブラック自営業 俺

・今を生きる内定貰った学生 N氏

 

による【大人の毒吐き飲み会】で話された内容から記事を書きたいと思われます。

 

いま上の「奥さん今ひとりですか?」の平山ブログジョークフレーズを彼女に見られて更にメールと勘違いされて堂々と浮気かテメーと少し危なかったです。

 

 

 

もう簡単に言うと「稼いでますか?」ってことなんです。

 

 

稼いでまっか?

 

ぼちぼち?もっと稼がんかいワレー!

 

 

みたいな。ちょっと違うか。

 

 

タイトルで【稼げ!】書いてますけど

 

 

そうじゃないんですよ

 

 

平山的には【もっと稼いでいいんだよ?】

 

ってことなんですよ。

 

 

どうも若者…と書くと曖昧ですな。大学生かな?

 

 

稼ぐ事に消極的というか、「稼ぐのは良くないこと」って思ってる人が多い気がするんですよ。

 

稼ぐのは悪いこと。金持ちは悪いヤツ。

 

 

まぁ金持ちに悪いヤツが多いってのは何となく分かるんですが…

 

【稼ぐ】こと自体には善も悪も無くてですね

 

むしろ「善」に近いと思わないと、ダメなんですね。

 

 

稼がないと飯食えないし、服も買えないし、彼女にプレゼントも勝手上げられないし、子供にゲームボーイも買ってあげられない。

 

「買えない」ってことは「お金が流通しない」

 

「お金が流通しない」と「お店の人が食えなくなる」

 

食えなくなる人が増える

 

生きる事すらできない。

 

 

これでは人間性のある社会の構築は不可能でしょうと。

 

 

「お金」という概念を超えた完全自給自足物物交換社会という発想もあるんですが、それはまた別のお話で…

 

 

 

 

〜〜〜〜

 

 

僕は自営業なので、【稼がないと】家族で飯が食えなくなるので、そこらへんは貪欲です。

 

1円でも多く利益を出し、無駄を削減し、1円でも多く利益を出すと。

 

そこに、まあ家族と身内のパートさんしかいない職場ですけども、一人当たりの作業量を把握して、限界をなるたけ超えないように仕事を組み立てて

 

1円でも多くの利益を出す。タダの仕事なんかぜってー引き受けねーぞ、タダで動けとかナメてんのかよって。

 

だって利益出さないと、【死ぬ】しかないんですよ最悪ね。

 

 

ここをしっかり頭に入れていただきたいなと。

 

 

これが企業の社員さんになると

 

「社の利益に貢献する事が社員の存在意義」

 

いくらお客様にメリットがあるプランを出しても、社の利益が希薄だったら「使えない社員」ってことになります。

 

 

社員が出した利益を集めて集めて、それが社員の給料になるわけですから

 

社の利益が出ないプランを実行するということは…分かるよね?

 

 

ちょっとアルバイトみたいな時給制の仕事してると身に付かない感覚かもしれないけどね。

 

 

今は非営利団体ってのもありますが、ちょっと僕はその手の情報が無いので何も言えないんですが…

 

非営利とはいえ、彼らもご飯を食べないといけないのは事実。

 

どっかで【稼ぐ】について相当クールになってないと…着る服も無いはずなんですよ。

 

 

完全非営利でボランティア団体を運営してたとしても、裏で金の動く事業をしているとかね。

 

 

んだらばどうやって稼ぐの??だとまた別の話なので今回は置いておいて…

 

 

これからは、どんな内容であれ何かイベント企画するときは「稼ぐ」についてもキッチリ考えて欲しいんですね。

 

 

「稼ぐ」の言い方を変えると、「お金を受け取る」

 

 

相手からお金を受け取ることにビビらない。逃げない。

 

 

結果として、お金にビビるってことは今後幸せになれませんよってことです。

 

 

キッチリやることやったらお金を請求していいんです。受け取っていいんです。

 

お金を出し渋るお客さんの相手なんか、しなくていいくらいの気持ちでいいだす。

 

 

「無料」「ボランティア」が悪いとは言わない

 

ただどこかで「稼ぐ」ポイントを考えてないと、それは何も社会に貢献してないオナニー的な活動ですよってこと。

 

 

はい

 

 

お金は受け取りましょう。キッチリ

 

 

飯、食えないですからね。